スケッチャーズの定番ストリートスニーカー『UNO(ウノ)』を解説!

スケッチャーズの定番ストリートスニーカー『UNO(ウノ)』を解説!
目次

SKECHERSストリートスタイルスニーカー「UNO(ウノ)」

SKECHERS UNO ウノ

履き心地が良く足元からアクティブな日々をサポートするフットウェアメーカー、SKECHERS(スケッチャーズ)のストリートスタイルスニーカー「UNO(ウノ)」を紹介します!

スケッチャーズと言えば、ランニングシューズなどの動きやすさに特化したシューズのイメージが強いですが、実は本国(アメリカ)では、ストリートを意識したデザインのスニーカーも根強い人気があります。


特にこの記事で紹介するUNOは、スケッチャーズのストリートのシリーズの中でも定番と言えるほど長きに渡って人気を維持しているモデルのスニーカーです。

定番とお伝えした通り、UNOは他のシリーズと比べてカラーバリエーションが豊富で、レディース・メンズを問わないサイズ展開があります。

アメリカでは、インフルエンサーとコラボしたプロモーションを打ち出してさらにカラーバリエーションを増やしたりと、人気ぶりが伝わってきます!

デザイン性は上のインスタの記事から言わずもがなですが、そのほか快適な履き心地にこだわるスケッチャーズならではのストリースニーカーUNOの魅力を解説していきます!

UNOの特徴

デザインについては、見たままなので多くを語る必要はないと思いますが、多くのおしゃれなスニーカーが世の中にあるのになぜUNOが選ばれるのか?


上でお伝えしたカラーバリエーションの豊富さだけでなく、スケッチャーズやUNO独自の特徴についても徹底的に解説していきます!

スケッチャーズ共通の特徴は、以下で解説しているので興味があればご覧ください。
(参考:スケッチャーズの特徴

スケッチャーズ定番のインソール

いくらデザインが気に入っていても、履き心地が悪くて足が痛くなってしまってはいつの間にか履かなくなってしまいます。

スケッチャーズのスニーカーであれば、そんな心配はご無用です!

この記事で紹介しているUNO(ウノ)のインソールには、スケッチャーズのAir-Cooled Memory Form(エアークールドメモリーフォーム)が使用されております。


スケッチャーズのエアークールドメモリーフォームはスケッチャーズのスニーカーの多くに採用されている定番のインソールです。

メモリーフォームは、インソールの柔らかさで歩くときに発生する衝撃を吸収してくれて、通気性の良さから、蒸れにくいのが特徴です。

メモリーフォームについては、以下でより詳細に解説にしていますので、気になる方はチェックしてみてください。
(参考:スケッチャーズのメモリーフォーム

ミッドソールのエアー

UNO(ウノ)のユニークな特徴として、ミッドソールのエアーが挙げられます。

ミッドソールにエアーになっているスニーカーはスケッチャーズの中では珍しい特徴ですね。

横からは、ミッドソールが空洞になっていることが目に見えて分かるのですが、そのメリットはデザイン性だけではありません。

UNOのアウトソールはストリートスタイルらしく厚めになっているのですが、分厚いアウトソールのスニーカーは重さが履き心地を悪くする原因になります。

しかし、UNOの場合は、ミッドソールが空洞になっていることで、アウトソールを軽量化しています。


また、その空洞は上記で紹介したメモリーフォームの衝撃吸収性を助けてくれるので、ストリートスタイルのためにデザインされているとは言え、スケッチャーズらしい履き心地は損なっていません!

このミッドソールのエアーがUNOの機能性とデザイン性を両立させている最も大きな特徴とも言っても良いでしょう。

手入れのしやすいアッパー

UNO(ウノ)はアッパー(スニーカーの上部)に合皮のような素材が使われており、表面はとても滑らかな素材が使われています。

そのため、汚れがついても軽く拭いてあげることで簡単に汚れを落とすことができるため、お手入れが簡単です。

布が使われている素材と比べると通気性では他のスケッチャーズのスニーカーに劣りますが、水や雨などにはめっぽう強いこともUNOの特徴のひとつと言えるでしょう。

運動靴などと異なり、防水スプレーを振ってあげても効果が表れやすいので、気に入ったスニーカーは長く履きたいけれど、汚れが気になるという人には断然おすすめです!

UNOを購入する際の注意点

UNO(ウノ)の購入を考えている方が購入前に知っておきたい注意点についても、買ってから後悔しないようにお伝えしておきます!

以下の注意点を知っておくことで購入してから「失敗した。。。」となることはぐっと減るでしょう。

サイズ感

スケッチャーズのスニーカーのサイズ感は基本的に少し小さめに作られています。

スケッチャーズの基本的なサイズ感については、以下で詳細に解説していますので、購入前には確認しておくことをおすすめいたします。
(参考:スケッチャーズのスニーカーのサイズ感

上の特徴でお伝えした通り、UNOのアッパーには合否のような素材が使用されています。

そのため、布ベースの素材が使用されているスニーカーと比べてアッパーの素材が固く、伸びにくいです。

そのため、あまりピッタリすぎるサイズを選んでしまうと、足の指に圧迫感を感じやすくなってしまうので、サイズ感には注意が必要です。

他のスケッチャーズのスニーカーと比べて履き心地が劣る

スケッチャーズのスニーカーを履いたことが無い方であれば、UNOを履いても履き心地が良いと感じるかもしれません。

しかし、他のスケッチャーズのスニーカーを履いたことがある人にとっては履き心地が物足りなく感じるかもしれません。。。


ミッドソールがエアーになっているとはいえ、厚いアウトソールであったりと、運動などに使用するスニーカーとしては作られていません。

あくまでストリートスタイルとして機能性よりもデザイン性を重視したスニーカーであることをあらかじめ理解しておきましょう。

とはいえ、上記で紹介した通り、履き心地をよくするための工夫がされたスニーカーであることは間違いないので、そこまで気にすることはないでしょう。

スケッチャーズの履き心地を実現する「インソール」について過去に書いているので、どうぞご覧ください。
(参考:スケッチャーズのインソールの特徴

まとめ:ストリートデザインのスケッチャーズ「UNO」

スケッチャーズのストリートスニーカーの代表格「UNO(ウノ)」を紹介しました!

UNOまとめ
  • 特徴
    1. 衝撃急性の高いインソール
    2. 軽量性を実現するミッドソール
    3. 汚れに強いアッパー
  • 注意点
    1. サイズは少しきつめ
    2. 他のスケッチャーズと比べると履き心地が劣る

おしゃれにお出かけな時にもスケッチャーズの履き心地の良さを兼ね備えたUNOで1日中快適なおしゃれを楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

文系出身の社内SEブロガー。
大学時代に語学留学、ワーキングホリデーを経験、大学卒業後は新卒でSIerにSE(システムエンジニア)として就職し、落ちこぼれて退職。
1年間フリーターとしてスニーカーを販売した後に商社の社内SEに転職。
意識高そうで低そうな経歴で、いつも何か行動しなくてはと必死です。
趣味はギター、ベース、スケボー、読書、ファッションと筋トレを少々。
見てくれたらうれしいです。

コメント

コメントする

目次